メニュー

プロペシアの効果

プロペシアとはフィナステリドが有効成分である、薄毛治療に使われる治療薬となります。
世の中には育毛剤など毛髪を増加させるようなシャンプーや薬が数多く発売しています。そういった商品も薄毛を回避するためには必要となるものではありますが、薄毛になる要因を抑制することも重要となってきます。その役割は果たすのがプロペシアです。

一般的なハゲである男性型脱毛症を発症してしまう原因となる物質はジヒドロテストステロンといい、男性ホルモンのテストテロンと5α還元酵素が結合することで生成されるものです。
よく薄毛になる原因は男性ホルモンのせいだといいますが、厳密に言えば男性ホルモンとこの酵素が結合してしまうことによって薄毛は進行するのです。ですのでこの酵素の結びつきを阻害して男性型脱毛症の原因のジヒドロテストステロンを生成しないように促し薄毛を抑制させるのです。
これは増毛とは別のベクトルでの治療方法で、正常な育毛環境を保つという重要な働きです。

ちなみに有効成分であるフィナステリドは前立腺肥大に使う薬でもあります。
当然前立腺に何かしらの異常がある方や持病持ちの方は使用が困難なことがありますので注意しなければなりません。使用を検討の際には絶対に医師の判断を仰ぐようにしておきましょう。

その他副作用については発生確率的がかなり低いものになっていますが、中には異常を訴える方もいるので気になる体調変化があった際にはすぐに医師と相談をするようにしておきましょう。
よく勃起不全を副作用として話題に出たりしていますが、それでも確率的には1%未満の発生率となってるものです。
あまり気にするのも勃起不全の精神的な要因となりかねないので、重く考える必要はないと思います。薬によって発生する副作用は薬の使用停止によって防げますので、使ってみてからの判断でも遅くないはずです。

プロペシアでの薄毛の対策は、増毛と同時に行えるのが最大の利点になる思います。
育毛や発毛は頭皮環境を良好にしていくことで毛髪の健康を促進させます。
血流改善だったり、頭皮環境を清潔に保ったりと方法は様々ですが頭皮の健康状態に直接干渉する働きのものが揃っています。これに対してフィナステリドの働きは体内での物質の生成に関わるものなのでそれぞれの働きがお互いを邪魔しないのです。そのため併用して薄毛治療に使っていけるため、相乗効果が発揮され通常よりも効率のよい治療を行うことが可能となっています。薄毛でお悩みの方は是非増毛と薄毛抑制の両方の治療を行っていきましょう。
しかし薄毛を治療していくためには継続の治療が何よりも重要です。薬は年単位で使ってこそやっとその効果を十分に発揮してくれるはずですので、治療薬も毎日続けて健康的な頭皮環境を手に入れるよう頑張る必要があります。
ただ経済的に余裕のある方であれば問題ありませんが、そうでない方にとって治療薬を継続的に購入することは簡単なことではありません。
薄毛の治療薬も決して安くはなく病院へ行けば診察代などもプラスされてしまいます。
そこで注目されるのがジェネリックの存在です。プロペシアにはフィンペシアと言うジェネリックがあり、半分以下の価格で購入することが出来ます。
フィンペシアの入手方法ですが、海外医薬品の通販サイトを利用して購入することをすすめます。
医師の指示の元ではない購入なので全て自己責任となってしまいますが、それでも経済的な負担を軽減することが出来る為、人気の治療薬でもあります。

フィンペシアはジェネリックの薄毛治療薬です。